1. HOME
  2. ブログ
  3. 横浜遠征再び 後編

横浜遠征再び 後編

横浜遠征再び 前編

横浜遠征再び 中編

こちらの記事の続きです。

まとめて読んでいただけると楽しさが倍増する・・・かも(笑)

 


 

前回は『横濱くじら』さんでくじら料理を堪能したところまででした。

だいぶ膨れたお腹を抱えながら、いよいよ『あぐら亭』に向かいます。

 

佐竹さんにお届けした伊勢海老。

パピヨン改め伊勢海老佐竹

これがどう料理してもらえるのか、とっても楽しみですね~!

 

『あぐら亭』に到着です!

『横濱くじら』から、徒歩でほんの1分程度。

こんな狭いエリアに美味しいお店がひしめいているなんて、ほんとに横浜は贅沢ですよね。

 

入店してすぐにある大皿。

佐竹さんが毎回危険なことを言ってますが、スルーしておきましょう(笑)

 

前回とは席が違いますが、こちらの壁にもすっぽんのチ〇〇ンのお品書きが。

イヤン、気になっちゃう♡

 

今日はお兄さんの店員さんがいます。

20年後が楽しみですね(謎)

 

どんなお料理が出てくるんでしょう。

今日は大将の包丁さばきを見てほしいと言っていた佐竹さん。

ワクワクです。

 

お通しです。

みょうが、タコの下に実は・・・

 

綺麗に包丁を入れられたキュウリが。

凄~い!

包丁が入ってるから、キュウリに酢がよく絡みます。

固いキュウリが柔らかく感じる不思議な食感と相まって、一味違った味わいに。

職人技ですね~。

 

続いて出てきたのはわさび。

わさびはやっぱり鮫皮でおろさないと風味が飛んでしまいますよね!

このわさびで何が食べられるんでしょう。

ワクワクがとまりません♡

 

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

伊勢海老です!!

まわりに添えられているのは、一緒にお届けした平貝。

 

あの

伊勢海老佐竹

がこんな立派に!

 

そして衝撃の一枚!

アッハ~ン

伊勢海老から脱皮して恍惚の表情を浮かべる佐竹さん。

 

ちょ、佐竹さんにもう一度被せないと!目つきがキケンよ!

 

カメラ担当のお供が動揺している様子を、ピンボケ具合からお察しください(笑)

そしてあまりの動揺に、伊勢海老のお刺身の写真がないという・・・

 

脱皮した佐竹さんと騒いでいるうちに、次の一品がきました。

うなぎのたたきです!

三河でいう白焼きみたいな感じです。

とっても美味♡

 

あ、目が戻った。

 

そして来たのが長芋の糸造り!

こちら、メニューから無くなっちゃったものなんですって!

 

糸状に包丁が入っていて、元の長芋の姿で器に盛られているんですよ!

綺麗に切られているのがわかりますでしょうか。

 

お箸でつまむとこの通り。

一口食べると長芋のネバネバのなかに、シャキシャキ感が。

そこにかすかな酸味が効いていて・・・美味しい~!

 

うなぎのしゃぶしゃぶが来ました!

身の部分はサッと、皮の部分は長めに火を通していただきます。

 

これは・・・

ヤバいですわね。

どれもこれも美味しくて食べすぎ確定だわッ!

仲井先生の顔を見るのが怖い(笑)

 

しゃぶしゃぶは火を通し過ぎると、せっかくの美味しさが半減しちゃいますからね。

店員のおばさまがお手伝いしてくれています。

 

あれ、佐竹さんの目つきが変わったような・・・

 

おばさま逃げてっ!

隙をついてチューしようとしてるっ!!

※たぶんフィクションです。

 

しゃぶしゃぶを堪能した後は、出汁のでたスープにひやむぎを投入!

 

柚子胡椒でいただきます。

最後まで美味しかった~!

 

そして買い占めた化粧品の数々(笑)

これが目的の半分でしたからねっ!

さらにキレイになった滋子をお見せしますわよ!

 

あぐら亭さん、ごちそうさまでした!

佐竹さんにチューされなくてよかったですね(笑)

 

あぐら亭を後にした一行は、佐竹さんお気に入りのバーへ。

すっぽんのお店からこの流れ。

佐竹さんは亀が大好きなようです。

 

・・・あ、そういえば玄関に亀の置物があったような。

 

窓から野毛の夜景を眺めながら、ゆっくりとした時間・・・

の最中に佐竹さん轟沈(笑)

 

孤独のグルメにも登場した飲み屋街を通ったり、野毛の街並みを楽しみながら佐竹さん宅へ戻りました。

 

夜も更けゆくなか、佐竹さん宅で飲みながら歓談。

 

佐竹さんには パピヨンマスク 伊勢海老の方が似合いますねっ!

 

・・・楽しい時間にも終わりがやってきます。

電池切れの図

 

ガス欠の図

 

兵どもが夢の跡。

 

台風が三重県に上陸したって情報が入ってきて、朝には大慌てで帰ることになりました。

これにて第二回横浜遠征も終了です。

佐竹さんありがとうございました!

 


 

「横浜遠征再び」シリーズの前編・中編はこちら

横浜遠征再び 前編

横浜遠征再び 中編